借金に困ったら弁護士に相談

こんにちは、サラです。前回の続きで、債務整理、過払い金について書いていきます。

何年にもわたって金利の高い借金を返済し続けてきた人からしてみれば、過払い金返還の意味を知った時は喜んだに違いありません。

過払い金で借金を返済し終わった人も、数え切れないくらいいたと聞きます。

自己破産手続きが完了したとしても、問題は自己破産した人の保証人は、債権者から返済追求を受けるということなのです。

それがあるので、自己破産しようかと考えている人は、何を差し置いても保証人に実情を話すことが非常に大切になってきます。

債務整理というは、ローン返済に行き詰ったときに実行されるものでした。ただし、今現在の金利はグレーゾーンではなくなってしまったので、金利差でもたらされるメリットが得られにくくなりました。

自己破産というは、裁判所に仲介してもらう形で債務をなくす手続きのことなのです。しかし、自己破産をしたからと言っても、元々財産らしきものがない人は失うものもないに等しく、痛手というのは予想以上に少なくて済むはずです。

借金まみれになり返済ができなくなったら、弁護士に借金の相談をするようにしましょう。なぜ、弁護士を勧めるのかというと、債権者の方に受任通知が届くと、返済がストップするからです。

借金の相談を持ち掛けるなら法律事務所の方がベターだという理由は、弁護士が受任通知を債権者宛に届けてくれるからなのです。

この通知によって、少しの間返済義務から逃れることができます。借金の支払いに窮するようになったら、迷わず債務整理を行ないましょう。